本文へスキップ

アイエスホームの不動産情報 住宅・マンション・土地のご相談はアイエスホームへ

お電話でのお問い合わせは06-6314-6078

〒540-0026 大阪市中央区内本町1-4-3 207号

任意売却無料相談HEADLIN

 

任意売却とは

 お客様が所有している不動産を売却するときに債権者(金融機関など)の承諾を得て債権者と相談
 しながら売却活動を行うことを言います。
 ※よくあるケースとしては、住宅ローンの返済が困難となり所有不動産の売却を考えた時、売却額が
 住宅ローンの残債額を下回りそうなとき


こんな時に相談ください。

今後、住宅ローンの返済が厳しくなりそうである。
住宅ローンの延滞が始まった。
住宅ローン以外の返済・支払が厳しくなった。(固定資産税など、住民税など、公共料金、管理費
 など)

任意売却のメリットとは

費用負担が一切ございません
 売却手続きなどにかかる・仲介手数料・管理費等(滞納している場合)・抵当権抹消費用などの負担が
 ありません

 ※上記費用においては、債権者(金融機関など)が負担します。
競売に比べて精神的負担が少ない。
『競売とは、債務者の住宅ローンの度重なる延滞により債権者(金融機関など)が裁判所に申し立て、
 債務者の所有不動産を強制的に売却してもらう手続きを行うことです。(関係者が、物件の調査で
 近隣を訪問したりしますので、ご近所の方に知れ渡ってしまいます。)』

競売のケースと違って周りに知られることがなく、表面的には通常の販売活動が行えます。
任意売却は市場価格での取引で、競売は入札によるため任意売却のほうが高値で取引できるため残債
 務の減りが多く生活再建が早まります。
競売のケースよりも自己破産を回避できる可能性が高くなります。
 任意売却後の残債務は個人版民事再生法により、今後の返済方法などについては債権者と相談の上、
 ご自身が返済可能な範囲で返済できます。
債権者との相談次第で、引っ越し費用などが受けられます。


任意売却のスケジュール


ステップ1 <相談・打ち合わせ>

 ・お客様の現在の状況を確認させていただきます。(住宅ローンの返済内容・残債務・滞納状況、税金
  、管理費などの滞納状況を確認させていただきます。)
 ・今後の事についての打合わせをさせていただきます。(現在の状況確認の上、売却方法など、お客様
  に合ったベストな方法、スケジュールをご提案させていただきます。)


ステップ2 <お客様の所有する不動産の調査>

 ・不動産の内容確認(登記簿謄本、地積測量図、公図、建物図面、物件概要書などでお客様が所有する
  不動産の内容を確認します。
 ・不動産の査定(当社独自の査定ノウハウと現在販売されている物件の販売価格、取引事例をもとに
  価格査定を行います。)
  ※土地などの調査の場合は、地価公示価格や路線価など参考に致します。

 

ステップ3 <媒介契約の締結>

 ・お客様と当社の間で媒介契約を締結させていただきます。


ステップ4 <債権者(金融機関など)との交渉>

 ・債権者(金融機関など)と、お客様が所有する不動産の売出価格などについて交渉させて頂きます。


ステップ5 <販売活動の開始と債権者(金融機関など)への販売活動報告>

 ・販売物件の登録(近畿圏不動産流通機構が運営する近畿レインズへ販売物件の登録をします。)
 ・販売物件の公開(近畿レインズをはじめ当社ホームページ、そのほか不動産サイトへ販売物件を掲載
  します。
 ・その他の販売活動(オープンハウス、新聞チラシなど)
  ※販売活動につきましては、お客様の要望により詳細を伏せて公開することも可能です。
 ・定期的に債権者(金融機関など)へ販売活動状況など書面『販売活動状況報告書』で報告します。 


ステップ6 <購入者の選定と債権者(金融機関など)の同意>

 ・お客さまの所有不動産を最も高値で購入いただける購入者を選定します。
 ・「売却に必要な費用等一覧」と「不動産購入申込書」を債権者(金融機関など)に提出し同意を
  得ます。
  ※売却に必要な費用とは、不動産仲介手数料、抵当権抹消費用、滞納管理費・修繕積立金、引越費用
  など。これらの費用は、売買代金に含まれます。


ステップ7 <不動産売買契約と代金決済>

 ・債権者の承諾のもと、売買契約を締結します。
 ・代金決済=債権者(金融機関など)へ売買代金より(「売却に必要な費用等一覧」)の費用を差し
  引いた金額を返済します。※買主への鍵渡しもこの時点で行います。)
 ・当社より決済前に必要な書面「代金決済予定日の報告書」「抵当権抹消応諾申請書」を提出します。

 

ステップ8 <お引越し>

 ・お引越し(当社では、新居、引越し業者のご紹介をさせていただいております。)
  ※購入者が決まった時点でご相談させていただきます。


ステップ9 <新生活のスタート>

 ・毎月の返済・支払で悩んでいたことが解決(不安から解消)でき、心機一転、新生活がスタート
  できます。

 

ステップ10 <デメリット面も理解しておくこと>

 ・任意売却後も残債務が残る場合は、以後も返済(分割返済)の必要があります。
 (任意売却後の残債務は個人版民事再生法により、今後の返済方法などについては債権者と相談の上、
  ご自身が返済可能な範囲で返済できます。)
  ※債権者(金融機関など)から書面「生活状況確認書」が送られてきますので内容を記載の上、提出
   します。その後、債権者(金融機関など)と返済についてのご相談をすることになります。
 ・任意売却後は数年間は銀行系のカードが作れなかったり、ローン(カードローン、住宅ローン等)の
  取り組みができません。(年数の確認は、信用情報登録機関などで確認できます。)
  ※通常は、5年〜10年


  • 上記は、一般的な任意売却についての説明です。債権者(金融機関など)やお客様の状況によって内容が変わる場合があります。                                     ※債権者の数、公的金融機関、民間金融機関などにより、またお客様の諸事情により提案内容が変わる場合があります
  • 任意売却のスケジュール、1〜8まで最短2ヶ月、通常3ヵ月〜5か月の期間が必要となります。また、任意売却は様々な手続きなども必要となるため、なるべく早いうちにご相談下さい。
  • 当社は、任意売却の実績、販売ネットワーク、専門スタッフにより、債権者(金融機関など)との交渉、お客様のスケジュール管理など、お客さまにとってベストな方法で任意売却をお手伝します。
  • まずはお問い合わせください。                                 ●アイエスホーム 任意売却無料相談まで                          お問い合わせ / ■TEL:06-6314-6078  ■ e-mailston-s@dk9.so-net.ne.jp

    『お問い合わせフォーム』からの連絡はこちらからお願いします。
                                          お問い合わせ